遺言書で「相続させる」と「遺贈する」は意味が違うのですか?

 遺言書で「相続させる」と「遺贈する」は意味が違うのですか?

大人の相続への回答
 「相続させる」「遺贈する」という文言は遺言の中でよく見かけます。いずれも遺言者が死亡した場合に特定の者が遺産を取得するという意味ですが、実は大きな違いがあります。
 「相続させる」とは、法律上相続人と定められた人(法定相続人)に対して、遺言者の死亡により財産を移転させることを言います。したがって、法定相続人以外の者に対して「相続させる」ことはできません。
 一方、「遺贈する」とは、遺言によって財産を無償で譲ることをいいます。譲る相手(受遺者)は、法定相続人だけでなく、法定相続人以外の者や会社等の法人であってもかまいません。
 このように、法定相続人以外の者に対しては「遺贈する」という書き方になりますが、法定相続人に対しては「相続させる」「遺贈する」のいずれの書き方もできるわけです。
もっとも、一般的には、遺贈よりも相続の方が名義変更手続などが簡易であるため、法定相続人に対しては「相続させる」と書くのが一般的です。