遺言書についてお尋ねします。被相続人名義のA、B銀行の預金総額をA銀行預金総額とB銀行預金総額・・・・・・

遺言書についてお尋ねします。
被相続人名義のA、B銀行の預金総額をA銀行預金総額とB銀行預金総額を、それぞれ被相続人の息子2人に対し、それぞれ預金の等分を相続させる。

この場合金額を明示してないから、この遺言書は無効になる。と聞きましたが無効なのでしようか、金額を具体的に明示する必要があるのでしょうか。 以上お尋ねします。

ベストアンサー
結論から申し上げますと、有効です。
他の方も書かれているように、預金は日々金額が変わりますから今回のケースでは金額を明示することができません。そこで、「息子2人に等分で相続させる」と記載するのが賢い記載方法です。

もっと言えば、将来、何らかの事情でA銀行やB銀行とは別のC銀行と取引をしていることも考えられます。したがって、「預貯金のすべてを息子2人に等分で相続させる」と記載しておく方法も検討すべきだと思います。

このように、遺言が効力を生じるとき、つまり、遺言者がお亡くなりになるときまでには、所有する財産は必ず変化するということを配慮しておかなければなりません。たとえば、上記のように、現在取引をしていない金融機関と新規に取引を始めるかもしれませんし、不動産を処分して預金に形が変わっているかもしれません。もちろん、将来、財産内容が変化したときは何回でも遺言書の書き直しをすることはできますが、判断能力が低下した場合には書き直しが不可能になってしまう場合があります。したがって、現時点である程度将来のことも考えて概括的に記載するのがいいと思います。

なお、今回の回答としては「有効」ということになりますが、遺言書の作成方法が法律の定める作成方法に合致していなければ遺言書として認められないこともありますからご注意ください。

yahoo知恵袋