司法書士紹介

古橋清二 (ふるはしせいじ)


DSCN1191 昭和33年10月生  てんびん座 血液型 A 浜松西部中、浜松西高、中央大学出身

経歴 昭和56年~平成2年 浜松市内の電子機器メーカー(東証一部上場)で株主総会実務、契約実務に携わる
平成2年 古橋清二司法書士事務所開設
平成17年 司法書士法人中央合同事務所設立

役員
静岡県司法書士会理事
日本司法書士会連合会中央研修所所員
日本司法書士会連合会消費者問題対策推進委員会委員長
静岡県司法書士会副会長
日本司法書士会連合会多重債務問題対策委員
静岡県多重債務対策会議委員
日本司法書士会連合会執務問題検討委員(現任)
静岡県司法書士会浜松支部副支部長
静岡県司法書士会綱紀調査委員長
静岡県司法書士会浜松支部支部長
静岡県司法書士会副会長(現任)等

著書
『クレジット・サラ金被害者救済の実務』 (共著・民事法研究会)
『詳解消費者破産の実務』 (共著・民事法研究会)
『司法書士始末記』 (共著・日本評論社)
『全訂増補版 消費者被害救済の上手な対処法』 (共著・民事法研究会)
『登記簿で「危ない取引先」は見分けられる』 (編著・こう書房)
『資本金1円からの有限会社・株式会社のつくり方』 (こう書房)
『個人民事再生の実務』 (共著・民事法研究会)
『不動産登記の見方&申請事務の手引』 (共著・民事法研究会)
『注釈 司法書士倫理』 (共著・日本加除出版)
『家族の絆を深める遺言書の作り方』 (日本地域社会研究所)
『司法書士のための破産の実務と論点』 (民事法研究会) ほか

私が遺言に想いを込める理由(わけ)

趣味IMG_8356  
農業?
最近、農業にはまってい る (本人は「農業」と言っているが、一般的には「家庭菜園」と呼ばれている)。 耕運機まで所有するなど、道具は一人前だが野菜のできはイマイチ。 本人は、異常気象だとか、土が悪いとか、品種が悪いなどと言って、決して自分の腕が悪いことを認めようとしない。
  また、DIYも好きで、よく見ると、金槌で指をたたいてできたと思われる爪の中の血豆を発見することもある。
  毎週かかさず見るテレビはNHK教育の「野菜の時間」と静岡あさひテレビの「エンジョイDIY」。 出張などで見ることができないときは録画してでも見るという。

 

神谷忠勝 (かみやただかつ 司法書士)


 

神谷忠勝です。
 今年40歳になりました。学生時代、私は、陸上部に所属しておりましたが、自信をもって「打ち込んでいた」と、言えるほどでは全くなく、勉強もほどほどに、部活動をしながら普通の学生生活を送っていました。
 ただ、陸上競技自体は本当に好きで、スタート前、コース上に出たときの緊張感と、走り終わった後の開放感がたまらなく気持ち良かったです。
 放送はあまりありませんが、陸上競技を見る事も好きで、たまに放送しているものを見られたりすると当時を思い出して血が騒ぎます。
 最近の一番の趣味はダイビングです。家の近くにダイビングショップがあり、気にはなっていたのですが、知らないショップだという所に少し抵抗があったので、なかなか入れないでいました。
しかし、そのショップのオーナーと、前の会社で一緒だった人が同級生だということがわかった後は、スムーズで、ライセンスを取り、2か月に1~2回海に行っていました。
 そして、去年の1月には沖縄にダイビング旅行に行ったりもしました。試験が7月頭だったので、ちょうど半年前くらいですね。試験、受かって本当に良かったと思っています。

 今は仕事のペースが掴めず、週末はほぼ休むことにしか使えていませんが、ペースが掴め、週末に余裕ができてきたら、また伊豆にでも潜りに行きたいと思っています。
 そんな私が「司法書士を目指そう!」と、思い立ち、法律の勉強を始めた時は、既に30歳をとうに超えていました。それまで法律の勉強は何もしたことがなく、最初は教科書を読んでいても何を言っているのか、さっぱりわからなかったことを覚えています。それでも、なんとか働きながらの勉強を続け、受験回数は7回目、平成29年度の司法書士試験に合格することができました。
 集合研修で出会った同期の合格者は、やはり自分よりも若い人が多く、既にだいぶ出遅れている感がありました。

 今年の5月からは中央合同事務所に勤務させてもらっています。
 私は、実地研修もここ、中央合同事務所で受けさせてもらったのですが、研修期間も含めると、今4か月くらいになります。
 今は、試験に合格するために積み重ねてきた教科書の知識を実務で発揮できる喜びと、教科書の知識では全く歯が立たない実務の難しさ、厳しさを感じております。

 私は、この仕事につく前、自動車関係の某工場で品質管理の仕事をしておりました。全く違う業種からの転職であり、毎日戸惑うことが多い訳ですが、皆様にご迷惑をお掛けすることのないように、日々緊張感を持って職務にあたり、勉強を欠かさないようにしていきたいと思います。どうぞよろしくお願いいたします。