遺言事項としてどのようなものが法定されていますか

【こんな質問を受けました】

遺言事項としてどのようなものが法定されていますか

【このように回答しました】

 遺言によって定めることが可能な事項は下記のとおりであり、それぞれ法律で規定されています。 それ以外の事項を遺言に記載しても、それは法律上の効力を生じず、事実的、訓示的な意味を有するにとどまりますが、遺言者の思いなどを伝えることは非常に重要なことです。
  (1) 信託の設定 (信託法2条) 
  (2) 非嫡出子の認知 (民法781条2項)
  (3) 相続人の廃除又はその取消 (民法893条、 894条2項) 
  (4) 未成年後見人の指定(民法839条1項)
  (5) 未成年後見監督人の指定 (民法848条) 
  (6) 財産の処分すなわち遺贈 (民法964条、 986条~1003条) 
  (7) 寄附行為 (民法41条2項)、
  (8) 相続分の指定又は指定の委託 (民法902条1項) 
  (9) 遺産分割方法の指定又は指定の委託 (民法908条) 
  (10) 遺産分割の禁止 (民法908条) 
  (11) 特別受益持戻しの免除(民法903条3項)
  (12) 相続人の担保責任の指定 (民法914条) 
  (13) 遺贈の減殺方法の指定 (民法1034条但書) 
  (14) 祭祀主宰者の指定 (民法897条) 
  (15) 遺言執行者の指定又は指定の委託 (民法1006条)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です